2012年11月15日

無限の現実



量子場を意図を持って観察すると、無限の可能性が崩壊し、意図が概念的なホログラムとして形成される。
しかし、現実にはすぐ見えない。
それは、あるレベルの振動数で形になっており、私達の体験として創造されるには、それが肉体と同じ振動数の現実に崩壊される必要がある。
したがって、意図を完全に観察者と整合させる集中が必要になってくる。

脳内の各異なる意識レベルに対応した領域は既に、情報をダウンロードしている。
あとは、それにアクセスする為の、脳内回路を構築する必要がある。

それは、意図を観察するということになる。

自分にとって、未知であることを観察する。
それをあらゆるものから、完全に切り離された状態でただ観察する。
自分の過去や周りの環境、疑い、期待などを完全に切り離し、意図そのものになることでそれが創造される。




posted by すーさん at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。